【開催案内】学習会「カーボンプライシングと炭素税」(11/18)

学習会「カーボンプライシングと炭素税」を開催します

気候変動の影響が深刻化する中、カーボンプライシングがCO2削減に有効な経済的手法として世界的にも注目されていますが、日本では一部産業界の反対もあって、いまだ導入されていません。そこで、この政策を進める環境省地球環境局のご協力もいただき、当日は、カーボンプライシングについて学ぶとともに、特に炭素税について、「税がどのように使われることを市民は望んでいるか」について、参加者の皆さんと意見交換し、グリーン連合の提案としてまとめたいと考えています。
ちらし(PDF)はこちら
日時:2018年11月18日(日)13:30 – 16:30
会場:にこぷら新地(川崎市高津区二子2-6-47) [アクセス]
主催:グリーン連合・認定NPO法人アクト川崎
協力:環境省地球環境局・川崎市・川崎市地球温暖化防止活動推進センター
お申し込み: こちらから (定員40名 先着順)
プログラム:
13:30 ご挨拶
環境省地球環境局局長 森下哲氏
川崎市環境局地球環境推進室室長 若松秀樹氏
グリーン連合共同代表 藤村コノヱ
13:45 講演「地球温暖化対策税の使途と炭素税について」
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
室長補佐 新原修一郎氏
14:35 NGOからの提案認定NPO法人気候ネットワーク桃井貴子
15:00 炭素税の使い方提案、意見交換(こんな使い方をしてほしい、など)
16:00 提案内容の共有・コメント
16:20 今後について
お問い合わせ:
川崎市地球温暖化防止活動推進センター
TEL:044-813-1313
※本学習会は独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成により開催します。
Share Button