【リリース】英語ホームページと英語版グリーン・ウォッチ2019

英語ホームページと英語版グリーン・ウォッチ2019をリリース

グリーン連合の英語ホームページと英語版グリーン・ウォッチ2019(サマリー)をリリースしました。

英語ホームページ

英語版グリーン・ウォッチ:GreenWatch2019

 

 

Share Button

【共同声明】Fridays For Future 気候危機に対する日本の若者の運動を支持します

共同声明:Fridays For Future
気候危機に対する日本の若者の運動を支持します
〜9月国連サミット前グローバル気候マーチに向けて〜

2018年スウェーデンの女子生徒グレタ・トゥーンベリさんが、「気候変動は人類の生存に対する何よりも重大な脅威であると言い続けていながら、皆これまでと変わらない生活をしているのは理解できません。温室効果ガスの排出を止めなければならないなら止めるべき」と、たった一人で始めたスクール・ストライキは、世界各国の若者の共感を呼びました。このFridays for Future等の運動は今年に入りヨーロッパ、そして全世界へと大きな広がりを見せ、既に2,350の都市で180万人を超える規模にまで成長。日本でも若者によるいくつかのマーチが東京、大阪、京都、名古屋にて開催されています。5月に行われた東京でのマーチには総勢250人が参加しました。

各国の政府、企業のリーダーの気候危機に対する対応は、既に起きている被害の解決はもとより、将来的に不可逆的打撃を避けることにおいても、速さ、規模において、依然として不十分なままとなっています。そこで、グレタさんを始めとするFridays For Future等に関わる若者たちは、運動をより大きくするために、大人たちへの参加を呼びかけました。これにより、9月23日にニューヨークで行われる国連気候サミットの前後を気候ウィークとし、その初日である9月20日*に、若者と大人による、Global Climate Strike (グローバル気候マーチ) が予定されています。

私たち団体は、この若者たちが主導するFridays for Future等の活動、そして9月の「グローバル気候マーチ」を全面的に支持するとともに、大人世代の責務として将来世代に持続可能な地球環境を残すために、彼らと共に訴え行動することをここに宣言致します。

グローバル気候マーチの詳細は、(https://ja.globalclimatestrike.net/)に随時アップ致しますのでご覧ください。なお、本アクションには世界の諸団体からも多数の賛同が寄せられています(https://globalclimatestrike.net/partners/)。

*開催日は国によって若干の違いがあります。

<以下賛同団体(50音訓順)>
特定非営利活動法人 A SEED JAPAN
公益社団法人 アムネスティ・インターナショナル日本
eシフト | 脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会
国際環境NGO FoE Japan
認定NPO法人 気候ネットワーク
CAN-Japan
国際環境NGO グリーンピース・ジャパン
グリーン連合
国際環境NGO 350.org Japan
公益財団法人 自然エネルギー財団
認定NPO法人 地球環境市民会議(CASA)

Share Button

【プレスリリース】市民版環境白書「グリーン・ウォッチ2019」発行

市民版環境白書「グリーン・ウォッチ2019」発行
日本の環境政策を市民・環境NGOが評価分析

国内85団体の環境NGO/NPOから構成されるグリーン連合は、今年5月、市民版環境白書「グリーン・ウォッチ2019」を発行しました。グリーン連合は、2015年6月5日(環境の日)に、気候変動や化学物質汚染など様々な環境問題に取り組む国内の環境NPO/NGOの連合として設立された組織です。グリーン連合では、発足以来、政府や国会議員などに積極的に働きかけ、懇談や意見共有の場を設けてきました。また、NPO/NGOが社会の持続性を支える不可欠なセクターとして、より多くの市民の支持を得られる力強い存在になることを目指して市民社会へと働きかけてきました。

市民版環境白書「グリーン・ウォッチ」は、グリーン連合が設立年から毎年発行しているもので、今年で4冊目となります。今年の特徴は、脱炭素社会に向けた最近の動向や世界の急速な再エネシフト等の動きを紹介したほか、新たに顕在化してきたプラスチック問題や気象災害、福島の問題などを取り上げています。また、環境NPO/NGOに対してドイツを例に制度的なサポート体制や支援策を紹介し、それと比較した日本の環境NGOやNPOの支援体制について座談会形式で議論したものを紹介しています。ぜひ、環境活動に関わる人や政策決定者はもとより、メディアの皆様にもご覧いただき広く国民の方々にも広めて頂ければ幸いです。

なお、グリーン・ウォッチの表紙・裏表紙のイラストは、今回もハイ・ムーンの名で知られる京都大学名誉教授の高月紘先生にご提供いただきました。また、本ペーパーの印刷・頒布にあたっては、地球環境基金の助成を受けて制作しています。

※グリーン・ウォッチのダウンロードは、こちらのページから。

市民版環境白書2019グリーン・ウォッチ
市民版環境白書2019グリーン・ウォッチ

<グリーン・ウォッチ>
発行日:2019年5月30日
ページ数:105ページ
発行:グリーン連合
編著者:グリーン連合「グリーン・ウォッチ」編集委員会

※目次、編集委員メンバー、グリーン・ウォッチ発行の趣旨(はじめに)は本誌参照のこと

Share Button

【開催案内】市民版環境白書「グリーン・ウォッチ2019」発行記念シンポジウム(6/5)※資料掲載

市民版環境白書「グリーン・ウォッチ2019」発行記念シンポジウム

日時:2019年6月5日13:30–17:00(13:00からロビーで通行証を配布)
会場:参議院議員会館 地下一階 B107会議室
主催:グリーン連合
参加費:無料(要申込み)

お申込みプログラム: ※発表資料を掲載しました。

Ⅰ部 基調講演「プラスチック問題から脱炭素社会を考える」[発表資料]
        高田秀重(東京農工大学環境資源科学科教授)

Ⅱ部 グリーン・ウォッチについて
1)開会挨拶・全体概要: 藤村コノヱ(環境文明21)[発表資料]
2)各章の概要説明
・気候変動:桃井貴子(気候ネットワーク)[発表資料]
・再生可能エネルギー:松原弘直(環境エネルギー政策研究所) [発表資料]
・プラスチック問題:
 中下裕子(ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議)[発表資料]
 中井八千代 (容器包装の3Rを進める全国ネットワーク) [発表資料]
・いまだに続く福島原発事故の災害:伴英幸(原子力資料情報室)[発表資料]
3)世界の環境問題の状況: 
  甲斐沼美紀子(地球環境戦略研究機関IGES) [発表資料]

Ⅲ部 環境NPOに対する公的資金等支援策を充実させるために

1)話題提供「欧州における環境NGOに対する公的資金助成」[発表資料]
  大久保規子(大阪大学大学院教授)
2)フリーディスカッション

 

Share Button

【開催案内】日本の2050年長期戦略セミナー(5/9)

パリ協定に基づく日本の2050年長期戦略―持続可能社会への具体的な道筋を ~原発・石炭火力は論外、不確実なイノベーションよりシステム・チェンジを

日時:2019年5月9日(木) 14:30~17:00 (14:00よりロビーで通行証を配布します)

場所:衆議院第一議員会館 多目的ホール(千代田区永田町2丁目2−1)

「国会議事堂前」 丸ノ内線 /千代田線 1 番出口 徒歩 3 分
「永田町」    有楽町線 /南北線 /半蔵門線 1 番出口 徒歩 5 分
「溜池山王」   南北線 /銀座線5番出口 徒歩 8 分

【プログラム(予定)】
1.「パリ協定長期成長戦略(案)」について
<政府 発表・出席者>
木野修宏氏(環境省地球環境局 低炭素社会推進室長)
孫崎馨氏(外務省国際協力局気候変動課長)
亀井明紀氏(産業技術環境局環境経済室長)
蟹江優氏(資源エネルギー庁長官官房戦略企画室 総括係長)
上田大晃氏(資源エネルギー庁長官官房戦略企画室 総括係)

2.長期戦略に対しての市民提案

「1.5℃目標」の必然性と長期戦略(2050年に脱炭素)の必要性
― 小野寺ゆうり(FoE Japan)

石炭火力フェイズアウトの具体化と現在の新増設議論
― 平田仁子(気候ネットワーク)

原発は気候変動対策にならない、脱原発の明記を
― 松久保肇(原子力資料情報室)

再生可能エネルギー100%の明記を
― 松原弘直(環境エネルギー政策研究所)

ガラパゴス化する温暖化政策をファクトチェック!
― 明日香壽川(東北大学)

3.国会議員からのコメント
― 与野党議員より

4.質疑応答

主催:eシフト、グリーン連合、CAN Japan、原子力市民委員会

連絡先:eシフト事務局(国際環境NGO FoE Japan)
東京都板橋区小茂根1-21-9  03-6909-5983 info@e-shift.org

▼パブリックコメントは5/16までです。ぜひ一言でもだしましょう!

<https://www.kikonet.org/national/advocacy-national/public-comment-on-LTS_20190426>

Share Button

【開催案内】サーキュラーエコノミー学習会(2/27)

欧州で急速に進むサーキュラーエコノミー(循環型経済)学習会

※講演資料を掲載しました。

ちらしはこちら

世の中には、資源の無駄、遊休資産、捨てられ る素材、まだ使用できるにもかかわらず破棄され ている製品など、非常に多くの「無駄」があります。 EU を中心に、急速に進められている「サーキュ ラーエコノミー(CE)」とは、それらの無駄を なくすためと海洋汚染対策として、日本でこれまで進めてきた「もったいない」 に加えて、石油や石炭などの原材料に頼らず、最新のデジタル技術を使って、今 ある製品や使われていない資産を最大限に活用して価値を高め、利益を生み出す 経済システムです。

EUの欧州委員会では、一般廃棄物のリサイクル率を 2035 年までに 65%に することを目指し、レジ袋やプラスチック容器ごみの削減 ( リデュース ) も推進し ています。 海洋ごみ対策とビジネスチャンスにもなるCE について詳しく学習します。ぜひご参加ください。

講師 地球環境戦略研究機関 粟生木千佳さん  [資料]

日時 2月27日(水) 14:00~15:30

会場 環境パートナーシップオフィスGEOC 東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F [アクセス]

参加費:無料

※本交流会は独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成により開催します。

主催: グリーン連合

※題名に「サーキュラーエコノミー学習会(2/27)参加希望」とご記入ください。

Share Button

【開催案内】グリーン交流会in新潟(2019/1/26)※資料掲載

グリーン交流会in新潟
地域資源と自然エネルギーで街を再生させるためには?!

※多数のご参加をありがとうございました。プレゼン資料や写真を掲載しました。

日時:2019年1月26日(土)13:00〜16:30
会場:新潟国際情報大学 中央キャンパス6階 61教室

プログラム
◽︎はじめに
「グリーン連合の紹介」
伴英幸:グリーン連合幹事、原子力資料情報室共同代表
◽︎基調講演
「地域から国を変える、もう一つの道」[プレゼン資料]

佐々木寛:新潟国際情報大学教授、おらってにいがた市民エネルギー協議会代表理事
◽︎事例紹介
1.「自然エネルギー100%社会への取り組み」[プレゼン資料]
松原弘直:グリーン連合幹事、認定NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)主席研究員
2.「市民エネルギー事業について」[プレゼン資料]
横木将人:おらって市民エネルギー株式会社代表取締役
◽︎シンポジウム
「地域資源と自然エネルギーで街を再生させるには?!」
木村義彦:おらってにいがた市民エネルギー協議会事務局長
小倉壮平:NPO法人いわむろや館長
平田英治:MUSICDROP代表

[参考資料(SHE for HOPE)]

お申し込み・お問い合わせ
おらってにいがた市民エネルギー協議会
tel:025-385-6047 mail:info@oratte.org
主催:グリーン連合

✳︎本交流会は独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成により開催します。

Share Button

【開催報告】グリーン交流会 in 福岡(2018/11/23)

11月23日(金・祝)、福岡県福岡市のさいとぴあ会議室(「九大学研都市駅」前)にて、「グリーン交流会in福岡」を開催しました。ホスト役となったのは福岡市の隣市糸島市で森林保全活動をするNPO法人いとなみです。

この場には、地元からの全体で25名くらいの参加者が集まりました。グリーン連合の中下裕子代表から「つながること」の意味や政策提言活動の重要性についてお話し、それぞれ地域団体からの講演を行いました。さらにその後、グループに分かれてワークショップを行い、全体討議で、地域の中でどうしたら連携ができるか、何が課題かといったことについて話し合いを持ちました。

講演要旨

トップバッターは、ふくおかFUNの大神弘太朗さんからのご報告です。大神さんたちはダイバーで、福岡湾を拠点にふくおかFUNもダイバーが中心になってつくったNPO。ダイバーの視点で海の環境保全に取り組んでいます。海は、潜ってこそ気づく海の環境の美しさを見ることができる反面、場所によっては生活排水の流入等による有機汚濁、赤潮の発生、貧酸素状態汚染された海中もあることも目の当たりにします。とりわけ、富栄養化で透明度が5cmというような場所も。この両面に気づいてもらうために、水中の写真を展示したり、子どもたちを集めて海に入る「海の学校」を行っています。まずは海の中を見てもらうことで様々なことに子どもたち自身に気づきがあります。現在、大学などと共同で定点観測などを行い、データに基づく科学的知見からも海の現象をとらえることでより説得力のある話をし、政策提言活動につなげているとのことです。

続いて、NPO法人循環生活研究所のたいら由以子さんからのご講演です。たいらさんご自身はお父さんのご病気がきっかけで、食べるものを見直すことに活動の原点がありました。無農薬の野菜づくりに欠かせないないのが土づくりであることに気づき、楽しく長く続けられる方法を模索してきました。ダンボールコンポストをはじめ、堆肥化した土を畑で使い、そこで育てた有機野菜をまた販売することを半径2km圏内でまわるしくみにすることで、地域のつながりを大事にしながら循環型社会を構築することができます。地域の中での循環するしくみを提案し、今ではこうした地域づくりをするところが増えてきました。生ゴミはゴミとして処理すればその大半が水分であり、焼却炉の効率を下げ、CO2発生にも繋がります。それならば、堆肥化して土として利用する循環の方が一石二鳥です。「たのしい循環生活」を世界中に伝える活動を展開中です。

続いては、長崎から参加のNPO法人環境カウンセリング協会長崎の矢野博己さんからのご報告です。環境カウンセリング協会長崎は、もともと環境カウンセラーの人たちが集まってつくった組織です。組織でなにかやりたいと発案した人が、事業を申請して、実際に取り組む仕組みでそれぞれ活動しています。海外での事業展開のほか、エコ・ドライブ講座の開設、そして矢野さん自身が取り組んでいるのが対馬や壱岐での漂着ゴミの清掃活動です。学生との連携が強いという団体の強みを活かして、毎年対馬に学生によるゴミ拾いを行ってきました。また日本の学生だけではなく、韓国の学生などとも連携して日韓共同のプロジェクトなども実施しています。しかし、拾っても拾ってもなくならないあっという間にさらに積もるゴミ。根本から対策を取らない限り、問題解決につながらないことを実感し、対策の必要性を訴えています。

最後は、今回のセミナーのホスト役もしていただいたNPO法人いとなみの藤井芳広さんからの講演です。藤井さんは森林保全の活動を手がけています。特に、日本の森林の多くの地域がかかえている、放置された人工針葉樹林。間伐されずに、細い幹のまま密集する森は、土砂崩れの原因にもなっています。そして、日本の木は利用されずに、木材は最大の木材輸入国になっているのが現状です。しっかりと長期的な視点で森を育て、日本の森林を活用できるものにしていくための森林整備の取組をしています。最も特徴的な活動は、皮むき間伐です。杉の表皮をめくってしばらく放置すれば、木は立った状態で枯れ、水分が抜けて非常に軽くなり、通常の間伐材とちがって、女性や子どもでも丸太を手に持って森から運び出すことができるのです。森の役割を人々に伝え、そしてライフスタイルの中に木を利用することを提案し、間伐実践もしていく活動を通じて、森林保全に取り組んでいます。

ワークショップ

最後1時間で、廣水乃生さんのファシリテートで、ワークショップを行いました。ワークショップでは、グループに分かれて連携することの意義など意見交換で深めました。それぞれの立場から様々な意見が出されましたが、最後はグループごとに出た意見を全体で共有し、その重要性についての認識を深めることができました。

Share Button

【開催報告】学習会「カーボンプライシングと炭素税」(11/18)

学習会「カーボンプライシングと炭素税」を開催しました

11月18日、アクト川崎と協働をして、「カーボンプライシングについての勉強会」を川崎市高津区二子で開催しました。
参加者は首都圏から約30名の方が、環境省からは森下地球環境局長と新原課長補佐、川崎市からは地球環境推進若松室長が参加。グリーン連合からは、アクト川崎の竹井さん、気候ネットワークの桃井さん、環境文明21の加藤さんと、藤村が参加しました。

配布資料:
環境省「地球温暖化対策税と環境税について」
気候ネットワーク「⽇本の気候変動政策とカーボンプライシングの導⼊に対して」

会の趣旨説明の後、森下局長、若松室長のご挨拶、新原さんから「地球温暖化対策税の使途と炭素税について」の話題提供があり、カーボンプライシングとは何か、諸外国の炭素税の実態、現行の地球温暖化対策税について、更に炭素税を巡る検討の様子などが紹介されました。多くの国ですでに導入されているカーボンプライシングの効果の説明を受け取りましたが、30年近く議論だけは続いているのに、なかなか導入されない日本の実態、現在開催されている小委員会でも議論が進んでいない実態を聞いて、「間に合わないのではないか」という声も聞かれました。

その後、桃井さんからの話題提供の後、4グループに分かれて、①多くの市民に炭素税について理解してもらうにはどうしたらいいか、②炭素税の望ましい使途について、について意見交換しました。②については、温暖化対策だけでなく社会保障などにも使われると市民の理解が得やすい、という意見も多く出されました。

1時間程度の意見交換でしたが、各グループともに盛り上がり、活発な意見交換ができました。

アンケート結果

なお、これらの意見も参考に、後日グリーン連合として、提案を纏め政府などに提案する予定です。また、同様の意見交換会を2月に大阪で開催しますので、お近くの方は是非ご参加ください。

Share Button

要望書「炭素税は、国民的議論を踏まえて、早期に導入を」を提出しました(9/19)

2018年9月19日(水)の午後、「炭素税は、国民的議論を踏まえて、早期に導入を」というグリーン連合からの要望書を、中川雅治環境大臣あてに提出。大臣はご不在でしたので、替わって、とかしきなおみ環境副大臣が受け取ってくださいました。(森下地球環境局長、角倉地球環境局総務課長も同席。グリーン連合からは7名の幹事が参加)

要望書について簡単に説明した後、とかしき副大臣からも、炭素税の重要性については十分認識しており環境省としても全力を尽くす旨、政治からの明確なメッセージを出す必要がある旨、そのためにも、グリーン連合のこの要望書を様々な議員や経産省はじめ、あちこちに出してほしい旨の要請もありました。

とても快活で積極的な副大臣で、私たちを「応援団」として、しっかり認識して下さっていたようです。

副大臣との面談は15分の予定をオーバーしての面談でしたが、その後の局長・課長との面談も含め、環境省としてのやる気も十分に伺え、グリーン連合としてもパリ協定の実現に向け、連携して、頑張っていこうということで、要望書提出のための面談は終了しました。

面談時の、とかしきなおみ環境副大臣の主なコメント:

  • 今年の日本の災害は本当にひどかった。国際会議に行くと必ず海外の人からまず最初にお見舞いの言葉をかけられる。
  • パリ協定というのは最低限やっていかなければならない。本当はそれ以上やらないといけない。
  • このままでは地球の将来が危ない。産業界にもそれを理解してもらう必要がある。地球環境が維持できなければビジネスだってできない。
  • 環境政策に取り組むことは産業にとっても非常に重要だ。
  • カーボンプライシングについては政治の意思を示すことが必要だ。総理からもメッセージを出してもらうという話が出ている。国として発信する必要がある。
Share Button