政党アンケート

政党アンケートとりまとめ結果

グリーン連合では、2015年6月5日の設立に先立ち、各政党に対して、国内各政党の環境政策の重点度合いや政策プロセスに対する環境NGOの参加に関する考え方を伺うことを目的として「政党アンケート」を行ないました。11政党に送付し、9つの政党から回答をいただきました

1.回答状況

<回答があった政党>
自由民主党、民主党、維新の党、公明党、日本共産党、次世代の党、社会民主党、生活の党と山本太郎となかまたち、日本を元気にする会

<回答がなかった政党>
太陽の党、新党改革

2.質問項目

①貴党の全体の政策の中で”環境政策“の優先度はどの程度ですか?他の政策と比較して優先度が高い(10)から環境政策を特に持っていない(0)のレベルでいずれかふさわしい数字に〇をつけてください。

②貴党の環境政策のうち、当面の重要事項は何でしょうか。重視しているものに〇を、特に重視しているものに◎をつけてください。

地球温暖化・気候変動/脱原発/循環型社会/容器包装リサイクル/生物多様性・生態系/海洋汚染/大気汚染/森林保全/化学物質対策/その他(具体的に        )

③日本は気候変動政策の遅れが指摘されていますが、COP21に日本はどう臨むべきとお考えですか。(自由回答)

④環境NGOの環境政策形成過程への参画についてどうお考えですか。(自由回答)

⑤環境分野で活動する市民団体の連合組織として、「日本市民環境団体連合会(仮称)」が設立されますが、この団体にどのようなことを期待されますか?また党として、どのような支援が可能か、お考えをお聞かせください。

3.アンケートの結果

こちらをご覧ください。

グリーン連合「政党アンケート」とりまとめ結果(PDF

*なお、アンケート依頼時点では「日本市民環境団体連合会(仮称)」としていますが、6月5日の設立総会をもって正式名称が「グリーン連合」となりました。この報告では、送付時点の内容をそのまま掲載しておきます。

Share Button