【開催案内】日本の2050年長期戦略セミナー(5/9)

パリ協定に基づく日本の2050年長期戦略―持続可能社会への具体的な道筋を ~原発・石炭火力は論外、不確実なイノベーションよりシステム・チェンジを

日時:2019年5月9日(木) 14:30~17:00 (14:00よりロビーで通行証を配布します)

場所:衆議院第一議員会館 多目的ホール(千代田区永田町2丁目2−1)

「国会議事堂前」 丸ノ内線 /千代田線 1 番出口 徒歩 3 分
「永田町」    有楽町線 /南北線 /半蔵門線 1 番出口 徒歩 5 分
「溜池山王」   南北線 /銀座線5番出口 徒歩 8 分

【プログラム(予定)】
1.「パリ協定長期成長戦略(案)」について
<政府 発表・出席者>
木野修宏氏(環境省地球環境局 低炭素社会推進室長)
孫崎馨氏(外務省国際協力局気候変動課長)
亀井明紀氏(産業技術環境局環境経済室長)
蟹江優氏(資源エネルギー庁長官官房戦略企画室 総括係長)
上田大晃氏(資源エネルギー庁長官官房戦略企画室 総括係)

2.長期戦略に対しての市民提案

「1.5℃目標」の必然性と長期戦略(2050年に脱炭素)の必要性
― 小野寺ゆうり(FoE Japan)

石炭火力フェイズアウトの具体化と現在の新増設議論
― 平田仁子(気候ネットワーク)

原発は気候変動対策にならない、脱原発の明記を
― 松久保肇(原子力資料情報室)

再生可能エネルギー100%の明記を
― 松原弘直(環境エネルギー政策研究所)

ガラパゴス化する温暖化政策をファクトチェック!
― 明日香壽川(東北大学)

3.国会議員からのコメント
― 与野党議員より

4.質疑応答

主催:eシフト、グリーン連合、CAN Japan、原子力市民委員会

連絡先:eシフト事務局(国際環境NGO FoE Japan)
東京都板橋区小茂根1-21-9  03-6909-5983 info@e-shift.org

▼パブリックコメントは5/16までです。ぜひ一言でもだしましょう!

<https://www.kikonet.org/national/advocacy-national/public-comment-on-LTS_20190426>

Share Button