市民版環境白書2017グリーン・ウォッチを発行しました(2017年5月)

市民版環境白書2017グリーン・ウォッチ

市民版環境白書2017グリーン・ウォッチ

市民版環境白書「グリーン・ウォッチ」は、政府とは異なる視点から環境の現状や問題点を分析し多くの人に知ってもらうために、2016 年5 月に第1号を発行、2017年5月発行の市民版環境白書2017グリーン・ウォッチは第2号となります。

この市民版環境白書2017グリーン・ウォッチの主な内容は、次のとおりです。

  • 第1章総論では、環境の悪化や被害にもかかわらず、多くの人が経済成長を最優先し続ける現状を踏まえ、環境保全を優先しなければならない背景と理由、そしてこれからの社会の方向性についてまとめました。
  • 第2章では、東京電力福島第一原子力発電所事故から6年が経過した現在でも、依然として厳しい状況に置かれる福島の人々の現況や子どもたちの健康被害、なかなか進まない廃炉問題や放射性廃棄物の処理問題、さらに、福島の現状が正確かつ迅速に伝えられない理由など、福島に係る情報の課題についてまとめました。
  • 第3章では、主要な環境政策の点検として、気候変動に係るパリ協定後の日本や世界の動き、再生可能エネルギーの普及と障壁、容器包装や海洋汚染など広がる廃棄物問題、農薬や暮らしの中に潜む化学物質問題、サンゴなど生物多様性が失われる現状と課題、木質バイオマスや身近なパーム油による森林破壊など、個別のテーマごとに、現状と問題点、政策的課題、さらに解決の方向性等についてまとめました。
  • トピックスでは、沖縄基地における環境汚染問題、富山や滋賀での市民の環境活動、国内外の企業の動き、さらに世界各国で起きるテロと気候変動問題との関係など、国内外の動向を紹介しました。

2017年 5月23日 第1刷発行
編著者:  グリーン連合「グリーン・ウォッチ」編集委員会
発 行:  グリーン連合
表紙絵:  高月 紘

全体構成:

はじめに
第1章 なぜ、地球環境を優先的に保全しなければならないのか
第2章 6年が経過した福島
第3章 主要な環境政策のレビュー
トピックス
会員名簿

このグリーン・ウォッチの目次は以下のとおりです。

目次1目次2目次3

 

 

※本レポートは独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成により発行しました。

Share Button

市民版環境白書2016グリーン・ウォッチ

 市民版環境白書2016グリーン・ウォッチ

市民版環境白書2016グリーン・ウォッチ 11.20 MB

市民版環境白書2016グリーン・ウォッチ   ...

GW2016_Cover

プレスリリース(2016年5月10日): PDF

<グリーン・ウォッチ>

発行日:2016年5月14日   ページ数:128ページ
発行:グリーン連合      編著者:グリーン連合「グリーン・ウォッチ」編集委員会
※目次、編集委員メンバー等は以下参照のこと

<グリーン・ウォッチ 目次>

はじめに

第1章 主要な環境政策のレビュー

第1節 気候変動とエネルギー
第2節 再生可能エネルギー
第3節 原発問題
第4節 化学物質

第2章 福島原発事故の被害と政府の対応

第1節 いまも続く被害
第2節 避難政策の問題点
第3節 避難指示の解除と住民の意向
第4節 骨抜きにされた「原発事故子ども・被災者支援法」
第5節 健康影響
第6節 作業員の被ばく労働
第7節 行き場のない原発事故由来の放射性廃棄物

第3章 なぜ環境政策がうまく進まないのか-日本の環境政策の問題点

第1節 「経済優先」に屈伏した環境政策
第2節 歪んだ環境政策形成のプロセス
第3節 なかなか発動されない「予防原則」
第4節 ビジョンに基づき、戦略性ある環境政策へ
第5節 実効的な政策形成参加に向けて

トピックス-国内外の注目すべき動き

グリーン連合会員団体紹介

<グリーン・ウォッチ編集委員>

委員長  藤村コノヱ(環境文明21)
委 員  中下裕子(ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議)、加藤三郎(環境文明21)
桃井貴子(気候ネットワーク)、松原弘直(環境エネルギー政策研究所)
伴英幸(原子力資料情報室)、篠原ゆり子(FoE Japan) 、杦本育生(環境市民)
古瀬 繫範(地球と未来の環境基金)、山田岳(ただすのもり環境学習研究所)

Share Button

政党アンケート

政党アンケートとりまとめ結果

グリーン連合では、2015年6月5日の設立に先立ち、各政党に対して、国内各政党の環境政策の重点度合いや政策プロセスに対する環境NGOの参加に関する考え方を伺うことを目的として「政党アンケート」を行ないました。11政党に送付し、9つの政党から回答をいただきました

1.回答状況

<回答があった政党>
自由民主党、民主党、維新の党、公明党、日本共産党、次世代の党、社会民主党、生活の党と山本太郎となかまたち、日本を元気にする会

<回答がなかった政党>
太陽の党、新党改革

2.質問項目

①貴党の全体の政策の中で”環境政策“の優先度はどの程度ですか?他の政策と比較して優先度が高い(10)から環境政策を特に持っていない(0)のレベルでいずれかふさわしい数字に〇をつけてください。

②貴党の環境政策のうち、当面の重要事項は何でしょうか。重視しているものに〇を、特に重視しているものに◎をつけてください。

地球温暖化・気候変動/脱原発/循環型社会/容器包装リサイクル/生物多様性・生態系/海洋汚染/大気汚染/森林保全/化学物質対策/その他(具体的に        )

③日本は気候変動政策の遅れが指摘されていますが、COP21に日本はどう臨むべきとお考えですか。(自由回答)

④環境NGOの環境政策形成過程への参画についてどうお考えですか。(自由回答)

⑤環境分野で活動する市民団体の連合組織として、「日本市民環境団体連合会(仮称)」が設立されますが、この団体にどのようなことを期待されますか?また党として、どのような支援が可能か、お考えをお聞かせください。

3.アンケートの結果

こちらをご覧ください。

グリーン連合「政党アンケート」とりまとめ結果(PDF

*なお、アンケート依頼時点では「日本市民環境団体連合会(仮称)」としていますが、6月5日の設立総会をもって正式名称が「グリーン連合」となりました。この報告では、送付時点の内容をそのまま掲載しておきます。

Share Button