GWシンポジウム

【開催報告】市民版環境白書2020グリーンウォッチ発行記念シンポジウム(6/24)

市民版環境白書2020グリーンウォッチ発行記念シンポジウム

2015年に発足したグリーン連合では、5冊目となる「市民版環境白書2020グリーン・ウォッチ」を発行しました。今回も気候変動、再生可能エネルギー、生物多様性・森林破壊、化学物質、そして福島第一原発と、多岐にわたる環境問題に対して市民の視点から現状を分析しています。2020グリーン・ウォッチの発行を記念してオンラインでシンポジウムを開催しました。全国から多くの方に参加をして頂きました。※講演資料とオンライン動画を掲載しました。

日時:2020年6月24日(水)13:30 – 16:00 (13:15開場)
主催:グリーン連合
開催方法:オンライン(Zoom)
参加費:無料(要事前申込み) ※多くのご参加をありがとうございました。

プログラム

第1部 開会挨拶および趣旨説明

「自分事としてとらえて行動を!」[資料(PDF)]
藤村コノヱ(環境文明21)

第2部 グリーン・ウォッチ2020の概要紹介

  1. 脱炭素に向けた最近の動向
    ・「気候変動」から「気候危機」問題へ [資料(PDF)]
    桃井 貴子(気候ネットワーク)
    ・持続可能な再生可能エネルギー100%社会の実現 [資料(PDF)]
    松原 弘直(環境エネルギー政策研究所)
  2. 生物多様性、そして森林の危機
    ・IPBESからのメッセージと日本への示唆 [資料(PDF)]
    高橋 康夫(地球環境戦略研究機関)
    ・2019年のアマゾン森林火災騒動 [資料(PDF)]
    古瀬 繁範(地球と未来の環境基金)
  3. 環境ホルモン(内分泌かく乱化学物質)の脅威に改めてどう対処すべきか [資料(PDF)]
    中下 裕子(ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議)
  4. 東京電力福島第一原発事故後の状況 [資料(PDF)]
    伴 英幸(原子力資料情報室)

第3部 欧州における環境NGOの社会的位置づけとそれを支える公的助成

大久保 規子(大阪大学大学院)[資料(PDF)]

【動画】市民版環境白書2020グリーン・ウォッチ発行記念シンポジウム

2015年に発足したグリーン連合では、5冊目となる「市民版環境白書2020グリーン・ウォッチ」を発行しました。今回も気候変動、再生可能エネルギー、生物多様性・森林破壊、化学物質、そして福島第一原発と、多岐にわたる環境問題に対して市民の視点から現状を分析しています。2020グリーン・ウォッチの発行を記念してシンポジウムを開催しました。詳細:https://greenrengo.jp/archives/5925日時:2020年6月24日(水)13:30 – 16:00 (13:15開場)主催:グリーン連合プログラム:第1部 開会挨拶および趣旨説明「自分事としてとらえて行動を!」藤村コノヱ(環境文明21)第2部 グリーン・ウォッチ2020の概要紹介 脱炭素に向けた最近の動向 ・「気候変動」から「気候危機」問題へ: 桃井 貴子(気候ネットワーク) ・持続可能な再生可能エネルギー100%社会の実現: 松原 弘直(環境エネルギー政策研究所) 生物多様性、そして森林の危機 ・IPBESからのメッセージと日本への示唆: 高橋 康夫(地球環境戦略研究機関) ・2019年のアマゾン森林火災騒動: 古瀬 繁範(地球と未来の環境基金) 環境ホルモン(内分泌かく乱化学物質)の脅威に改めてどう対処すべきか:  中下 裕子(ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議) 東京電力福島第一原発事故後の状況: 伴 英幸(原子力資料情報室)第3部 欧州における環境NGOの社会的位置づけとそれを支える公的助成  大久保 規子(大阪大学大学院)

グリーン連合さんの投稿 2020年7月2日木曜日
シンポジウム動画 ※一部音声にお聞き苦しい部分があります。